居抜きOffice

不動産用語集|居抜き物件 居抜きCafe

不動産用語集




手付金

売買等の権利の得喪に関連して当事者間で授受される金銭等の一つ。
 
売買契約のときに買主から売主に支払われるお金であり、全代金の1~2割が一般的とするのが一般的です。
手付金には、証約手付、違約手付、解約手付という3つの性格があり、特に定めがない場合や売主が不動産会社などの
宅建業者の場合には解約手付とみなされ、単なる代金の前払いとは違い、特別な意味を持ちます。
 
また、宅建業者は、売買代金の2割以上の手付金を受け取ってはならないとされています。
手付金額が2割以下でも一定の前金保全措置が法律で義務づけられています。


居抜きカフェ(居抜きCafe)の店舗物件探し
居抜きカフェ(居抜きCafe)で実現
会員登録(無料)はこちら お問い合わせはこちら

このページの先頭へ