居抜きOffice

不動産用語集|居抜き物件 居抜きCafe

不動産用語集




建築面積

建物の外壁や、柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積(建物の真上から光を当てた時に地盤面に影となって映る部分の面積)のことです。
 
ただし、外壁から1m以上突き出した軒や庇などは、その先端から1m外壁側に後退した部分までの面積を含む。1階部分の床面積のことを俗に「建坪」と呼び、建築面積と同じように使っているが、厳密には違います。1階の外壁より2階の外壁が突き出している場合は、建築面積は1階床面積よりも広くなります。
 
つまり建築面積は、最も大きい階の面積となるということです。原則、地階を除き1階の面積になるとされ、1階より2階の面積が大きい建物の場合は2階を地面に投影した面積となります。


居抜きカフェ(居抜きCafe)の店舗物件探し
居抜きカフェ(居抜きCafe)で実現
会員登録(無料)はこちら お問い合わせはこちら

このページの先頭へ