居抜きOffice

不動産用語集|居抜き物件 居抜きCafe

不動産用語集




危険負担

債権者と債務者の間の利害を調整する民法が定める制度の一つ。
例えば、売買の目的物である家屋が、近隣の出火によって履行前に焼失した場合、買主がその代金を支払う必要があるか否か、すなわち買主が危険を負担すべきか否か等について定めています。
 
つまりは、売買契約が済んで引渡しを待っている間に、地震や火事など、不可抗力によって物件の建物部分が崩れたり、なくなったりしたときに、どうするかを双方で決めることです。


居抜きカフェ(居抜きCafe)の店舗物件探し
居抜きカフェ(居抜きCafe)で実現
会員登録(無料)はこちら お問い合わせはこちら

このページの先頭へ