居抜きOffice

不動産用語集|居抜き物件 居抜きCafe

不動産用語集




抵当権

民法が定める担保物権の一つ。
債権者が担保目的物である不動産の引渡しを受けることなく、その使用・収益を担保提供者(債務者または物上保証人)
にさせておき、債務が弁済されない場合に、その物の価額から優先的に弁済を受ける制度であります。
 
目的物の範囲は、民法上、不動産、地上権、永小作権に限定されていたが、その後特別法によって範囲が拡大され、
立木、船舶、各種財団等も包含されました。
 
抵当権の実行、優先弁済を受けるための目的物の換価等は、民事執行法に基づく競売によって行うのが通常であり、
被担保債権の範囲は、原則として元本債権、満期となった最後の2年分の利息および抵当権実行費用となります。


居抜きカフェ(居抜きCafe)の店舗物件探し
居抜きカフェ(居抜きCafe)で実現
会員登録(無料)はこちら お問い合わせはこちら

このページの先頭へ